読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い光の朝に

 

ぼくとあっちゃんの冒険は、

カンカンに晴れた日のお昼寝の時間から始まった。

 

お昼寝の時間は僕にとって苦痛だったんだ。

眠くないし、眠れないし、寝たくないし、

先生は目を開けてると「早く寝なさい」と怒る。

 

起きているのがばれないように、

いつも布団の中に閉じこもっていた。

 

僕が布団に閉じこもっていると、

あっちゃんが侵入してきた。

あっちゃんは僕の隣でいつも寝ている。

 

どうやらあっちゃんも寝れないみたいで、

僕が起きているか確認しにきたらしい。

 

あっちゃんは僕が起きているのを確認すると、

「脱走しよう」

と面白そうに提案してきた。

 

僕は快諾した。

 

それから、布団という基地の中で、

僕とあっちゃんの冒険の作戦会議がはじまった。

 

 

 

 

 

 

 

先生の目をかいくぐり、

保育園をうまく抜け出した。

布団の中に枕を立ててお昼寝中を演出した。

 

準備は万端だ。

 

保育園の周りは自然に囲まれていて、

川があり、林があり、山があった。

 

僕とあっちゃんはまずは山に登った。

といっても、そんなに険しい山じゃない。

 

山を登り、

ミカン畑越しに相模湾を眺める。

よく晴れてる日の相模湾は、

大きなダイアモンドのように、

煌びやかに太陽を反射させている。

 

熟れている甘そうなみかんをもぎり、

あっちゃんはそれを半分に割って、

片方を僕に差し出した。

 

みかんを食べながら、

また相模湾を眺めた。

 

 

 

 

 

 

 

川沿いを伝いながら、

保育園に戻った。

 

僕とあっちゃんはばれていないと思っていたが、

ばれていた。

そして予想外に大騒動になっていた。

 

当たり前だ。

保育園から園児が二人いなくなっているのだから。

 

僕のおばあちゃんと同じくらいの年の園長先生も、

大好きな若い先生も、

みんな慌てふためいていた。

 

僕とあっちゃんが何食わぬ顔で保育園の校門を越えて園に入った瞬間、

僕とあっちゃんのクラスの担任をしてる30代の女の先生が僕たちをみつけ、

大きな声で僕とあっちゃんの名前を叫んだ。

 

それから色んな人に怒られた。

当時の僕はなんでみんな怒ってるんだろうって思ってた。

罪の意識がまるでなかった。

 

僕とあっちゃんと担任の先生の三人きりになった時、

先生は僕とあっちゃんの頭に拳骨を見舞った。

そして僕とあっちゃんを同時に抱きしめた。

 

泣きながら抱きしめられてるときに、

はじめて、なんだか悪いことをしてしまったんだなって思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

目を刺すような眩しさで目が覚める。

お母さんが障子を開けて、洗濯物を干している。

僕はしばらくぼーっとしていた。

お母さんが洗濯物を干し終わり、障子を閉めた。

太陽の光が障子で濾される。

 

 

 

 

 

 

 

 

あの頃の僕は、遠い未来のことなんてまるで考えてなくて、

ただその日一日をいかに楽しめるかだけを考えていた。

 

そんな日々を思い出す。

あの日と同じ、白い光の朝に。

youtu.be